チーム理念【めざせベストサポーター】

自立の第一歩

 子供なりに、自分で必要と思うことを自分でやることが大事

 サッカーの試合に行くと、試合場でのチームの場所取り、飲み物も着替えも、何から何まで親が準備。子供は用意されたものを飲み言われるままに着替えるだけ。いつも必ずそろっているから「ありがとう」さえ言えない・・・。
 私達は、サッカーは自立が大事であると考え、自立した選手を育成しようとしています。自立とは、自分で判断をして、責任を持って行動することです。誰かにやれと言われたからではなく、自分自身がやりたい、やったほうがいいと思うからやる。また、大人がそろえてくれる環境に、子供たちが「あって当然」と思うことは間違い。

なるべく子供たちにやらせてあげる、上手くいかなくても見守ってあげる。

こんな少年団、こんな指導者を目指しています

 少年団

 指導者

指導理念がしっかりしている
指導方針を持っている
子供を第一に考える
指導者、保護者、選手のコミュニケーションがとれる
子供たちが楽しくプレー出来る場がある
指導者間での考え方が一致している

子供が好き
情熱がある
明るくさわやか
忍耐力がある(指導は時間がかかる)
子供の視線に合わせられる
オープンマインド(心を開いて人の意見を聞き入れる)

子供自身の夢

大人の夢ではありません


自分の子供に大きな期待をするのは誰でも当たり前です。自分が苦労したから、せめて子供には、という、子供を思う気持ちが、ついつい子供にプレッシャーをかけてしまうこともあります。余裕を持って見てあげてください。

最終的に楽しく長く続けられることが大切です。

ゆっくり見守りましょう

子供たちはサッカーが楽しく、大好きです

スポーツをしていると、いろいろな場面で勝ったり負けたり、選ばれたり選ばれなかったりすることがあります。それがスポーツの特徴です。セレクションで選ばれると、将来が保障されたように思うのは大きな間違い。大騒ぎをして子供にプレッシャーをかけないで。

子供たちがサッカーを楽しみ生涯好きでいてほしい。

サッカーと学校や生活のバランス

さまざまな仲間とのさまざまな経験が幅を広げる

 子供のうちから習い事を専門に行い、そればかりに打ち込むような親子の姿を見かけます。大人の期待から大成させようという傾向が強まってる。サッカーでも、勉強、学校の当番その他の活動を無視してサッカーばかり。バランスが第一。「燃え尽き症候群」になる恐れもあります。プロ選手も決してサッカーばかりしてきたわけではない。
 他の遊び、さまざまな経験も大切。学校の当番、係り、町や子供会の行事、家の手伝いもしっかりやる。

トライ&エラー

勝ち負け以外に大切なことがある

 スポーツにおいて、勝敗が一番分りやすい価値です。応援に熱が入り子供たち以上に勝てば大喜び、負ければがっかり、これは自然の姿。でも、負けたくないばかりに、コーチが「ボールを外に蹴り出せ」と指示。ボールが外に飛び出したら、親達が、わざとボールをよけ、相手チームの子供に遠くまで取りに行かせ時間稼ぎをする。「おまえはただけっておけばいい」「おまえはそこにいればいい」といった指示。自分の子供のミスが怖くて「早くけって〜」とお母さん。
こどもがせっかく日頃練習してきた事を試そうとしているのに、それはないですよね?
まずはトライ。失敗したら次には成功するように。その積み重ねです。負けや失敗を恐れるばかり、トライをしない。
これは、子供たちのサッカーには無用です。
 勝ってうれしい、負けて悔しい。子供が勝敗をうまく自分の中で消化し処理できるように、勝ちも負けも、次に向かってポジティブに自分の糧にできるように、大人はその手助けをしてあげるべきです。指導者は、トータルでいろいろ考えて指導してます。

子供が最終的に成長することこそが大切なのです。